企業にもたらす様々なメリット

郵便情報

男性

様々な目的

女の人

新規顧客の獲得

販売促進ツールとしてダイレクトメールが多くの企業に使われていますが、ただ商品を購入してもらうだけでなく、資料請求をしてもらい会社の事をより深く知ってもらう目的で発送するケースもあります。最初のステップは新規の顧客を獲得することなので、新ビジネスが発足した後に活用できるでしょう。

購入を促す

内容に魅了され、「商品を購入してみたい」という意欲が湧けばダイレクトメールの効果は十分あったといえます。実際、メールやファックスを使い販売促進をしていた企業も、問い合わせや資料請求をしてくれた顧客に対し、販売や来店をうまく促すことができたと感じる企業が多いです。購入したいと思わせるダイレクトメールとはどういったものなのかを知ることが販売促進成功のカギになります。

リピートにつなげる

商品の購入を一度でもしたことがある顧客に対し、季節ごとのイベントや割引キャンペーンを絡めたダイレクトメッセージでの宣伝は必要だといえます。通販を介するなら名前と住所をデータに残しておくこと、そうでない場合は予め顧客リストを作っておく必要があるでしょう。商品サンプルを同封して発送すれば、特別なお客さんだという事をアピールできます。

最も使われている媒体

no.1

堂々の1位ははがき

コストが大変低く、数多くいる顧客に発送できる理由で選ばれています。開封する手間がなく、その場で内容の確認ができるので「多くの人の目に触れてほしい」という願いをはがき一枚に託せます。ただ受け取りにくい内容だと即ゴミ箱行きです。例えば、金融商品だと宣伝の仕方を誤るだけで目を通されずに終わってしまいます。しかし、多くの顧客に安く発送できる点では右に出るものはいません。

no.2

封筒は惜しくも2位

内容によって破棄される可能性が高いはがきに対し、封筒のダイレクトメールだと必要なだけ情報を盛り込めるので読みごたえのあるダイレクトメールを完成させることができます。ただ、開封にひと手間がかかるので、開けたくなるような工夫をすることが大切になるでしょう。例えば、誰でも見やすい内容にするとか、もっと読みたくなる構成にするとか、これだけでも目線を独り占めできます。また、封筒だと発送したい情報の制限がないので新しく顧客をゲットしたい場合に向いています。

no.3

冊子もコストが良い

一番使われる媒体ははがきですが、一枚に盛り込む情報が限られるので冊子を使ってダイレクトメールを発送する場合もあります。カタログや他のやり方より断然コスパが良く、小冊子にすればコンパクトで場所も取りません。見た目が可愛らしいので女性の顧客から喜ばれやすいでしょう。コストを抑えつつ、送り主の趣味に合わせたダイレクトメールの作成がしたいという時に活用することもでき、化粧品メーカーからも積極的に使われています。

no.4

カタログで興味を引く

一度でも商品を購入した場合、次からはカタログが同封されることが多いです。メリットとしては以前購入した商品だけではなく、新しく開発した商品をいち早く宣伝できることです。リピート率が高い顧客に発送すれば、購入のきっかけを作れるので新商品の売り上げをじわじわと伸ばせるでしょう。新商品の試供品をダイレクトメールの中に忍ばせておけば大半が使ってくれますから購入に結び付けられます。

no.5

CD-ROMも需要が上がっている

紙ではなく、近年は商品アピールをCD-ROMを使って行なうのが増えています。理由としては、文章ではなくモデルを使って商品の良さを使えられるからです。他にも商品のおまけに送付されることも多く、開発過程を映像を通して伝えたい場合、注文から発送までどのように作業されているのかを伝える時に使われています。食品関連や化粧品メーカーだと安全性を文字で伝えるのに限界がありますが、映像を使うことで「安心」と「安全」を嘘偽りなく伝えられます。会社名を守りたい、もっと多くの人に自社の商品を知ってもらいたい時に使えると大好評です。

広告募集中