様々な目的|発送したダイレクトメールの未着どうする?|業者に頼んでムダを省け

企業にもたらす様々なメリット

郵便情報

男性

様々な目的

女の人

新規顧客の獲得

催促ツールとしてダイレクトメールが多くの企業に使われていますが、ただ商品を購入してもらうだけでなく、資料請求をしてもらい会社の事をより深く知ってもらう目的で発送するケースもあります。最初のステップは新規の顧客を獲得することなので、新ビジネスが発足した後に活用できるでしょう。

購入を促す

内容に魅了され、「当社の商品を購入してみたい」という意欲が湧けばダイレクトメールの効果は十分あったといえます。実際、メールやファックスを使い販売促進をしていた企業も、問い合わせや資料請求をしてくれた顧客に対し、販売や来店をうまく促すことができたと感じる企業が多いです。購入したいと思わせるダイレクトメールとはどういったものなのかを知ることが販売促進成功のカギになります。

リピートにつなげる

商品の購入を一度でもしたことがある顧客に対し、季節ごとのイベントや割引キャンペーンを絡めたダイレクトメッセージでの宣伝は必要だといえます。通販を介するなら名前と住所をデータに残しておくこと、そうでない場合は予め顧客リストを作っておく必要があるでしょう。商品サンプルを同封して発送すれば、特別なお客さんだという事をアピールできます。

広告募集中